TREZOR注文してから約1ヶ月後に到着、開封時の注意点と内容は?

こんにちは、@ヒデです。

仮想通貨を保管するハードウェアウォレット「TREZOR

海外公式サイトから購入し、待つこと約1ヶ月、佐川のお兄ちゃんがDHLの紙封筒に入ったTREZORを届けてくれました。

到着時に消費税と立替納税手数料の合計額2,080円お支払

佐川のお兄ちゃんから「2,080円お支払いください」と言われたときは、「あれっ?注文時にDHLの料金込みで支払ったよな。なんで?」って思ったんですが・・・

DHLの封筒に添付された「領収書兼支払確認書」を見て納得!

日本での消費税と立替納税手数料の合計額だったんですね。

たしかにチェコ共和国で日本の消費税を徴収するわけないんで、注文時には支払っていないはず。

まあ、仕方ないですね。

ビニールで完全密封&上下2箇所に光沢シール

TREZORの商品パッケージは、全体をビニールで完全密封!

さらに、パッケージの開け口上下2箇所に光沢シールがしっかり貼られています。

パッケージを開けるとボロボロに

シールを剥がすと、この通り光沢がパッケージの方に残っています。

フタを剥がそうとしても、かな~り協力な接着剤で貼り付けられていて、指で開けるのは難しいですね。

仕方ないので、カッターを差し込んで無理やり開けたら、パッケージがこんなにボロボロになってしまいました。

なお、カッターを使う際には指を切らないよう気をつけましょう。

んで、パッケージ裏面にはこんなメッセージが記載されています。

CAUTION:
If you suspect the package has been opened by someone else ,keep the box as it is and contact the TREZOR support.

「注意:パッケージが他の人によって開封されたと思われる場合は、箱をそのまま保管し、TREZORサポートに連絡してください。」
ってことです。

パッケージが簡単に開けられないのは、それなりの理由があるんですね。

もっとも、海外公式サイトから購入するならさほど心配する必要はありませんが、Amazonやメルカリなどを通して手に入れたなら、パッケージに怪しい痕跡が残っていないか、よく確認した方がよいでしょう。

TREZORの内容、付属品一覧

TREZORのパッケージの中身はこのとおり。

  • TREZOR本体
  • USBコード
  • ストラップ
  • リカバリーシード×2枚
  • マニュアル
  • ステッカー×4枚

TREZORちっさ!
おもちゃみたいだなあ

ってのが、正直な感想でした。

次回は、TREZORの初期設定を紹介します。

ではでは~

TREZOR is the hardware wallet for your digital life
オススメの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

フォローする

オススメの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。